Midnignt X-Ray No.10 410-410mm

 

 

時間は無慈悲にも過ぎていく。何もできないまま、通り過ぎる日々。今日はこのまま起きて、奥多摩まで行く予定。

また東京は緊急事態宣言が始まった。ある種無感覚になっていくのは、仕方のないことなのかもしれない。毎日仕事をしている人と比べて今の自分はどうなんだろう。ただ過ぎて行く毎日をどうやって消化すれば良いだろう。

描けないながらそれでも描き続けるしかない。今日は比較的落ち着いて描けた。Instagram でライブ配信をした。特に何の意味もないけど、何の意味もないから、あえてやってみた。

こうやって自分の作品を見てみると、どうやって描いたのか自分でもよく分からない。進歩しているのか、どうなのか。とにかく今年にコンペを取りたい。

朝方、時々散歩をすると、足繁く人々が出勤している。それらを見ていると、どこか疎外感を感じ、電車に揺れていた時を思い出して、落ち込んで、如何しようもない気持ちになる。路上には、不穏と突き抜けたひかりが蔓延してる冬の空。Keith Jarrettのピアノを聴きながら、過ごす朝10時。憂鬱は薬でも消え去れない。人は難しい。もの知る程、好きなものは少なくなり、嫌いなものが増えていく。みんながそれぞれの舞台で戦わないといけない。それぞれの舞台で、舞踏をしなくてはいけない。