Midnight X-Ray No.12 410-410mm

 

昨日の21時ごろから一昨日の続きの絵を今まで描いてた。7時43分である。何も考えれない。今から、メディウムが固まった受け皿を洗ったりする気にはなれない。いつも出来上がりを俯瞰して観てみると、絶望する。表現に対する圧倒的な言語の少なさ。

思考は話すことによって生まれ、話すことによって、思考は機能する。

自己が無意識化にて生産するペルソナと現前的な私とのやりとり。

そこで振り返ってみると、描いている時には、内容だとかそういったものを考えることが殆どない気がする。(それは駄目じゃないのか?)画面上に現れる色、線、画面上でのバランスを野生的な意識が、画面上を接続していっている。

 

 

昨日バスで20分かけて武蔵美の世界堂に行くと、コロナで入構出来なかった。先に調べてなかった自分に嫌気。諦めきれず隠れて別の入り口から挑戦するも、警備員に阻止される。

その後新宿の世界堂で、パネルやら画材やらを買う。画材もパネルも厳しい。高い。一ヶ月ぶりくらいに電車に乗ると、やはり気疲れする。人混みが今まで以上に苦手になったらしい。

 

もう日差しが家の中に差し込んでいる。外に出ると、みんなが足繁く電車の中へ乗り込んで行くんだろう。それなのに自分はどうしようもなく無気力。