sketch0323

自分の赤は、自身が存在することの抗えない虚無感を象徴している。昔から赤が好きだった。小学校のランドセルの分別が疑問だった。

人物の肌を幾層か重ねるとき、思い出すのはホドラーやシーレ、ゴッホの絵が多い。大阪に住んでいた時、兵庫まで足を伸ばしてホドラーの展示を見た時にすごく衝撃を受けた。

本当の画家はこれほどすごいのかと。これほど音楽のような、ダイレクトに自己に入ってくるようなそんな感触があった。

今日は何か少しだけ、作品が前に進んだ気がしてる。